TOP
43.51score

zenzen

スポンサーKataribe

20年以上の証券会社との付き合いから思うこと

20年以上の経験から感じているのは、多くの証券会社の口座を開いたとしても結果的に自分の投資スタイルにあった口座のみが残っているという状況です。ただ、改めて用途別に考えるのは大事であると思います。

以下、自身の投資スタイルの変化に沿って証券会社との付き合いの経過を記します。

~投資を初めた頃(2005年以前)~
 私が初めて口座を持ったのは、バブル全盛の時代でした。当時はネット証券などなく、窓口と電話での取引が中心の対面式証券会社(野村、大和)との付き合いが始まりました。当時は、高額な手数料と電話での勧誘は当たり前でしたので気にも留めませんでした。
あまり知識もなかったので、証券会社の提案を受けることが多かったです。

~投資に慣れた頃~
 2005年辺りから、ネット証券が本格的に展開し始めました。その手数料の安さは魅力的で直ぐに大手三社(SBI、楽天、マネックス)の口座を開きました。
証券会社の選択の幅が広がったことで、各ネット証券会社の利用方針を自身で定めることとなりました。私の場合は、中国株取引、米国株取引、日本株取引と投資対象を分類し、その上で手数料の安さと買いたい国の銘柄の多い会社を選択しました。
また、対面式の証券口座の株式は徐々にネット証券に移管(証券を今預けている会社から別の会社に動かすこと)しました。

~現在~
 証券は自身が定めた会社に移管された状態です。証券会社のルールは変化するので、口座は維持する費用が発生しない限り特に解約していません。口座の維持は、IPO(新規上場)への応募も可能な状況を残す利点もあると思います。また、最近は現物株式の生前贈与のため松井証券の口座を新たに開きました。

~経験から振り返って~
 投資に対し初心者であったころは、対面式の証券会社のアドバイスは参考になりました。投資に慣れ自分で投資判断できるようになった段階で手数料に魅力があるネット証券の利用にシフトしました。その後、用途別(取引する株の種類、生前贈与 等)に口座を使い分けしました。

 口座維持にお金が必要ないなら用途別に複数の口座を持つことも証券会社との良い付き合い方になると考えます。

.

最終更新日:2016-06-18 02:31

コメント (0)